「各海外FX会社が提供するサービスを比べる時間が確保できない」という方も多々あると思います。こんな方に活用いただく為に、それぞれのサービス内容で海外FX会社を比較した一覧表を掲載しています。
スプレッドと呼ばれている“手数料”は、株式といった金融商品と比較しましても、ビックリするくらい安いです。はっきり言いますが、株式投資の場合は100万円以上の売り買いをしたら、1000円程度は売買手数料を取られます。
海外FXスイングトレードで儲けを出すためには、それなりの売買の仕方があるわけですが、それにつきましても海外FXスイングトレードの基本を理解した上での話なのです。最優先で海外FXスイングトレードの基本をマスターしましょう。
海外FXについては、「外貨を売る」ということから取引のスタートを切ることもできるのですが、このように外貨を持つことなく「外貨を売っている状態」のことも、「ポジションを持っている」と言われるのです。
為替の動きを予想するための手法として有名なのが、ファンダメンタル分析とテクニカル分析ですが、より大事になってくるのは「チャートの移り変わりを重視して、極近い将来の為替の進捗を予測する」テクニカル分析の方だと考えます。

海外FXデモトレードをこれから始めるという段階では、FXに必要不可欠な証拠金がデモ口座(仮想口座)に、数十万~数百万円分仮想マネーとして用意してもらえます。
その日の内で、為替が大きく変化する機会を見極めて取引するというのが海外FXデイトレードです。スワップ収入を目的とするのではなく、1日の中で取引を繰り返し、ステップバイステップで収益を確保するというトレード法です。
高い金利の通貨だけを選択して、そのまま保有し続けることでスワップポイントをもらうことができるので、このスワップポイントという利益だけを目的に海外FXを行なっている人も結構いるそうです。
海外FX取引初心者の人でしたら、難しいだろうと思えるテクニカル分析ですが、チャートの根幹をなすパターンさえ掴んでしまえば、値動きの推測が段違いに容易になると思います。
購入時と売却時の価格に差をつけるスプレッドは、FX会社ばかりか銀行においても異なる呼び名で存在しているのです。しかも驚くでしょうが、その手数料たるや海外FX会社の200倍くらいというところが結構存在します。

海外FX口座開設に伴っての審査は、学生あるいは普通の主婦でもパスしますから、過剰な心配をすることは不要ですが、入力項目にある「投資目的」であったり「投資歴」等は、どんな人も見られます。
海外FXをやる上で、外国通貨を日本円で買うと、それ相応のスワップポイントが与えられますが、金利が高く設定されている通貨で低い通貨を買うような時は、全く反対でスワップポイントを徴収されます。
トレードの進め方として、「値が上下どっちかの方向に変動する一定の時間内に、幾らかでも利益を堅実に手にする」というのが海外FXスキャルピングというトレード法となります。
海外FXスキャルピングをやるなら、わずかな利幅であろうとも待つということをせず利益を確定するという心得が欠かせません。「更に上がる等と思うことはしないこと」、「欲張る気持ちをなくすこと」がポイントです。
日本の銀行と比べて、海外の銀行の金利が高いので、スワップ金利が付与されるのです。海外のスワップ金利と日本のスワップ金利の差が、海外FXを行なうことで貰うことができるスワップ金利というわけです。

おすすめの記事